タグ別アーカイブ: 血液検査

白血球数、WBC (ダブルビーシー)とは

白血球数はっけっきゅうすう)、またはWBCダブルビーシー)とは、血液中の白血球の数を測定する検査です。感染症や白血病、炎症で上昇する検査項目です。

続きを読む

赤血球恒数、赤血球指数とは

赤血球恒数せっけっきゅうこうすう)、または赤血球指数せっけっきゅうしすう)とは、貧血の種類や原因、状態を診断する一般血液検査です。赤血球数、ヘモグロビン量、ヘマトクリット値の3つの数値からMCV(平均赤血球容積)MCH(平均赤血球血色素量)MCHC(平均赤血球血色素濃度)を算出します。

続きを読む

ヘマトクリット、Ht(エイチティー)、HCT(エイチシーティー)とは

ヘマトクリット(英語: Hematocrit)、Htエイチティー)またはHCTエイチシーティー)とは、血液中に含まれる血球(赤血球、白血球)の割合を測定する一般血液検査です。主に貧血の診断に役立つ検査項目です。

続きを読む

ヘモグロビン、Hb(エイチビー)、HGB(エイチジービー)とは

ヘモグロビン(英語: Hemoglobin)、Hbエイチビー)、またはHGBエイチジービー)とは、血液、赤血球の赤い色素であるヘモグロビンの血中濃度を測定する一般血液検査です。酸素運搬能力、貧血の診断に役立つ血液検査です。

続きを読む

赤血球数、RBC (アールビーシー)とは

赤血球数せっけっきゅうすう)、赤血球せっけっきゅう)、またはRBC(アールビーシー、 英語: Red Blood Cell)とは、血液中の赤血球の数を測定する一般血液検査です。貧血の診断には欠かせない基本的な検査です。赤血球数が少ないと貧血です。

続きを読む

クレアチンキナーゼ、CK(シーケー)、CPK(シーピーケー)とは

クレアチンキナーゼCKシーケー)、またはCPKシーピーケー)とは、筋肉・神経由来の検査項目で心筋梗塞、脳梗塞、筋疾患などで上昇します。

続きを読む

CRP(シーアールピー)、C反応性蛋白とは

CRPシーアールピー)、またはC反応性蛋白(しーはんおうせいたんぱく)とは、体内の炎症や感染症の程度を示す炎症マーカー、検査項目です。肺炎などの炎症や動脈硬化性の病気の指標となります。

続きを読む

リウマトイド因子、RF(アールエフ)とは

リウマトイド因子RFアールエフ)とは、関節リウマチ(RA)の診断に用いられる検査項目です。自己免疫疾患が起こると血中にたんぱく質の一種であるリウマトイド因子が現れます。

続きを読む

胸部X線検査とは

胸部X線検査きょうぶえっくすせんけんさ、 英語: Chest X-ray Examination)とは、胸部をX線で撮影し、撮影した画像の陰影で肺や気管など呼吸器系の位置や形状を診断するスクリーニング検査です。

続きを読む

カルシウム、Ca(シーエー)とは

カルシウム、またはCaシーエー)とは、血液中のカルシウムを検査する項目で、骨代謝、筋伸縮、血液凝固などに必要な検査項目です。副甲状腺機能亢進症、悪性腫瘍などの疾患で数値が上昇しやすい。

続きを読む