タグ別アーカイブ: 一般血液検査

白血球数、WBC (ダブルビーシー)とは

白血球数はっけっきゅうすう)、またはWBCダブルビーシー)とは、血液中の白血球の数を測定する検査です。感染症や白血病、炎症で上昇する検査項目です。

続きを読む

赤血球恒数、赤血球指数とは

赤血球恒数せっけっきゅうこうすう)、または赤血球指数せっけっきゅうしすう)とは、貧血の種類や原因、状態を診断する一般血液検査です。赤血球数、ヘモグロビン量、ヘマトクリット値の3つの数値からMCV(平均赤血球容積)MCH(平均赤血球血色素量)MCHC(平均赤血球血色素濃度)を算出します。

続きを読む

ヘマトクリット、Ht(エイチティー)、HCT(エイチシーティー)とは

ヘマトクリット(英語: Hematocrit)、Htエイチティー)またはHCTエイチシーティー)とは、血液中に含まれる血球(赤血球、白血球)の割合を測定する一般血液検査です。主に貧血の診断に役立つ検査項目です。

続きを読む

赤血球数、RBC (アールビーシー)とは

赤血球数せっけっきゅうすう)、赤血球せっけっきゅう)、またはRBC(アールビーシー、 英語: Red Blood Cell)とは、血液中の赤血球の数を測定する一般血液検査です。貧血の診断には欠かせない基本的な検査です。赤血球数が少ないと貧血です。

続きを読む