タグ別アーカイブ: 脳梗塞

クレアチンキナーゼ、CK(シーケー)、CPK(シーピーケー)とは

クレアチンキナーゼCKシーケー)、またはCPKシーピーケー)とは、筋肉・神経由来の検査項目で心筋梗塞、脳梗塞、筋疾患などで上昇します。

続きを読む

CRP(シーアールピー)、C反応性蛋白とは

CRPシーアールピー)、またはC反応性蛋白(しーはんおうせいたんぱく)とは、体内の炎症や感染症の程度を示す炎症マーカー、検査項目です。肺炎などの炎症や動脈硬化性の病気の指標となります。

続きを読む

糖尿病を予防するためのセルフチェック

糖尿病を防ぐためのセルフチェックです。日本人の糖尿病患者と予備軍をあわせると全国で約2200万人いるといわれています。糖尿病は、初期にはほとんど自覚症状がなく、気づかない間に悪化させてしまっている人も多い病気です。生活習慣や自覚症状、遺伝的要因等から糖尿病の疑いがあるかチェックしてみましょう。チェック項目の多い人は糖尿病の疑いがありますので、検査や医師の診断を受けましょう。

続きを読む

脳や心臓など循環器系の病気、合併症を予防するためのセルフチェック

循環器系の異常からくる病気、合併症を予防するためのセルフチェックです。脳血管や心臓の病気は、日々の生活習慣が大きく影響しています。日ごろの生活習慣や気になる症状がないかチェックしてみましょう。該当項目が多い人は、検査や医師の診断を受けましょう。

続きを読む

血圧測定、BP(ビーピー)とは

血圧測定けつあつそくてい 英語:Blood Pressure)、BPビーピー)とは、動脈の血圧を測り、生活習慣病の原因となる状態でないかを検査します。安静時の血圧を基準値とします。運動や精神的な緊張状態でも変化する数値ですので、普段から自分の血圧を把握していると心臓病や脳卒中などの予防につながります。 続きを読む

LDLコレステロール、悪玉コレステロールとは

LDLコレステロールエルディーエル・コレステロール)、悪玉コレステロールあくだま・コレステロール)または、LDL-C(エルディーエル・シー)とは、増えすぎると動脈硬化の促進に働く脂質の検査項目です。LDLとは、Low Density Lipoproteinの略称で、低比重リポタンパクの意味です。

続きを読む

HDLコレステロール、善玉コレステロールとは

HDLコレステロール善玉コレステロール)、HDL-Cエイチディーエル・シー)とは、動脈硬化促進を阻止するように働く脂質の検査項目です。HDL-コレステロールの数値が低いと動脈硬化の危険因子となります。HDLとは、High Density Lipoproteinの略称で、高比重リポタンパクの意味です。

続きを読む

脂質とは

脂質とは、脂肪分のことで、たんぱく質、炭水化物と並ぶ三大栄養素のうちの1つです。細胞膜、ビタミンや、ホルモンなどを体内で生成する材料として利用されるコレステロールや、体を動かすためのエネルギーの源となる中性脂肪があり生命を維持する上で欠かすことの出来ない物質です。

続きを読む

総コレステロール、TC(ティーシー)とは

総コレステロールTC(ティーシー)、またはT-Cho(ティー・シーエイチオー)とは、血中コレステロールなどの脂質の総量から脂質代謝異常や動脈硬化などのリスクをみる血液検査です。高コレステロール血症でも数値は上昇します。

続きを読む