タグ別アーカイブ: 肝臓障害

尿ウロビリノーゲンとは

尿ウロビリノーゲンとは、肝臓障害や黄疸などの診断するための検査項目です。赤血球が壊れて出来たビリルビンが腸内で分解され、ウロビリノーゲンになります。その一部が尿中に出てくるものを試験紙で測定します。

続きを読む

直接ビリルビン、D-Bil(ディービル)とは

直接ビリルビンちょくせつ・びりるびん、 英語: Direct Bilirubin)、またはD-Bilディービル)とは、閉塞性黄疸や急性肝炎などで上昇する検査項目で、黄疸の指標と原因の識別に使われる検査項目です。

続きを読む

アルブミン、Alb (エーエルビー)とは

アルブミン(英語: Albumen)、Alb エーエルビー)とは、低栄養、肝臓または腎臓の疾患などの指標となる検査項目です。アルブミンは血清総たんぱくの60%を占めるたんぱく質で、ホルモンやビリルビンを運んだり、血液の浸透圧を保っています。

続きを読む

総ビリルビン、T-Bil(ティービル)とは

総ビリルビンそうびりるびん)、またはT-Bil(ティービル)とは、赤血球内のヘモグロビンで生成される胆汁に含まれる黄色い色素です。肝機能や黄疸の種類を診断するのに役立つ検査項目です。

続きを読む

LDH(エルディーエイチ)、乳酸脱水素酵素とは

LDHエルディーエイチ)、または乳酸脱水素酵素にゅうさんだっすいそこうそ、 英語: Lactate Dehydrogenase)とは、心筋、腎臓、骨格筋、膀胱、膵臓、肝臓など多くの臓器に分布している酵素のことで、様々な疾患で上昇する検査項目です。

続きを読む

ALP(エーエルピー) / アルカリフォスファターゼとは

ALPエーエルピー)とは、アルカリフォスファターゼAlkaline phosphatase)の略称です。アルコールに関わるγ-GPTと同じ、胆道系の酵素で胆汁に排泄されます。肝炎、肝障害、閉鎖性黄疸などでALPの数値に異常が表れます。

続きを読む

ALT(エーエルティー)、アラニントランスアミナーゼとは

ALT(エーエルティー)とは、特に肝細胞の変性などに敏感に反応する酵素で肝臓の炎症や肝障害等の目安となります。この数値が高いと肝疾患、肝臓の病気の疑いがある可能性が高いです。アラニントランスアミナーゼAlanine aminotransferase)の略称です。

続きを読む

GPT(ジーピーティー)とは

GPT(ジーピーティー)とは、特に肝細胞の変性などに敏感に反応する酵素で肝臓の炎症や肝障害等の目安となります。この数値が高いと肝疾患、肝臓の病気の疑いがある可能性が高いです。グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼGlutamic Pyruvic Transaminase)の略称です。

続きを読む