タグ別アーカイブ: 肝臓がん

HCV抗体 (エイチシーブイ・こうたい)とは

HCV抗体 (エイチシーブイ・こうたい)とは、C型肝炎HCV)に感染しているか過去にC型肝炎に感染したことがあるかを検査します。HCV抗体は、C型肝炎ウィルスに感染したときに、身体の免疫反応によって生成される抗体物質です。

続きを読む

HBs抗原、HBs抗体とは

HBs抗原 (エイチビーエス・こうげん)、HBs抗体エイチビーエス・こうたい)とは、B型肝炎(HBV)に感染しているか、もしくは過去にB型肝炎に感染したことがあるか調べるための検査です。

続きを読む

直接ビリルビン、D-Bil(ディービル)とは

直接ビリルビンちょくせつ・びりるびん、 英語: Direct Bilirubin)、またはD-Bilディービル)とは、閉塞性黄疸や急性肝炎などで上昇する検査項目で、黄疸の指標と原因の識別に使われる検査項目です。

続きを読む

γ-GTP(ガンマ ジーティーピー)とは

γ-GTPガンマ ジーティーピー)、またはγ-GTガンマ・ジーティー)とは、肝機能を知るための検査項目の1つです。γ グルタミントランスペプチダーゼガンマ・グルタミル・トランスぺプチターゼ)の略称で、肝臓で生成され胆道系のタンパク質を分解する、肝臓の解毒作用に関係する酵素です。 続きを読む

LDH(エルディーエイチ)、乳酸脱水素酵素とは

LDHエルディーエイチ)、または乳酸脱水素酵素にゅうさんだっすいそこうそ、 英語: Lactate Dehydrogenase)とは、心筋、腎臓、骨格筋、膀胱、膵臓、肝臓など多くの臓器に分布している酵素のことで、様々な疾患で上昇する検査項目です。

続きを読む

ALT(エーエルティー)、アラニントランスアミナーゼとは

ALT(エーエルティー)とは、特に肝細胞の変性などに敏感に反応する酵素で肝臓の炎症や肝障害等の目安となります。この数値が高いと肝疾患、肝臓の病気の疑いがある可能性が高いです。アラニントランスアミナーゼAlanine aminotransferase)の略称です。

続きを読む