タグ別アーカイブ: 糖尿病

尿色とは

尿色にょうしょく 英語: Urine Color)とは、尿の色から腎機能の異常を観察する尿検査です。尿の色や混濁がないかを調べます。

続きを読む

眼底検査とは

眼底検査がんていけんさ)とは、眼底の網膜や血管組織を調べて目や全身の病気を診断します。眼底には網膜、血管、神経経乳頭、脈絡膜、硝子体などがあります。

続きを読む

肺機能検査とは

肺機能検査はいきのうけんさ)とは、吐き出す息の速さをや量を測定して肺の喚起機能を調べる検査です。呼吸器の病気の診断に役立つ検査項目です。

続きを読む

尿酸、UA(ユーエー)とは

尿酸にょうさん)、またはUAユーエー)とは、数値が高いと痛風の原因となります。動脈硬化の要因の1つでもあり、メタボリックシンドロームとも関係のある検査項目です。

続きを読む

尿素窒素、BUN(ビーユーエヌ)とは

尿素窒素にょうそちっそ)、または、BUNビーユーエヌ)とは、腎臓のろ過機能の指標です。数値が高いと腎機能の悪化を示す検査項目です。脱水症状でも数値が上昇することがあります。

続きを読む

尿量(にょうりょう)とは

尿量にょうりょう)とは、1日の尿の量から腎臓の障害を検査します。1日(24時間)分の排尿すべてを採取し測定します。

続きを読む

リパーゼ / Lip(エルアイピー)とは

リパーゼ / Lipエルアイピー)とは、膵臓に異常がないかを調べる検査項目です。膵臓から分泌される消化酵素で脂肪の分解します。膵臓が炎症を起こしたり、膵管が詰まるなど異常があれば血液中の濃度が上昇します。

続きを読む

アミラーゼ、AMY(エーエムワイ)とは

アミラーゼ、または、AMYエーエムワイ)とは、膵臓に異常がないかを調べる検査項目です。主に膵臓や唾液腺から分泌される酵素で、でんぷんを分解しする消化酵素です。膵臓などに異常があれば血液中の濃度が上昇します。

続きを読む

糖尿病を予防するためのセルフチェック

糖尿病を防ぐためのセルフチェックです。日本人の糖尿病患者と予備軍をあわせると全国で約2200万人いるといわれています。糖尿病は、初期にはほとんど自覚症状がなく、気づかない間に悪化させてしまっている人も多い病気です。生活習慣や自覚症状、遺伝的要因等から糖尿病の疑いがあるかチェックしてみましょう。チェック項目の多い人は糖尿病の疑いがありますので、検査や医師の診断を受けましょう。

続きを読む

HbA1c、ヘモグロビンA1c、グリコヘモグロビンとは

HbA1cエイビーエーワンシー)、ヘモグロビンA1cヘモグロビン・エーワンシー) 、またはグリコヘモグロビンとは、過去1~2ヶ月の血糖値の平均値の目安となる検査項目です。赤血球中のヘモグロビンとブドウ糖が結合して出来たヘモグロビンA1cHbA1c)の値から糖尿病の血糖コントロール状態を把握します。

続きを読む