タグ別アーカイブ: 糖尿病性腎症

赤血球数、RBC (アールビーシー)とは

赤血球数せっけっきゅうすう)、赤血球せっけっきゅう)、またはRBC(アールビーシー、 英語: Red Blood Cell)とは、血液中の赤血球の数を測定する一般血液検査です。貧血の診断には欠かせない基本的な検査です。赤血球数が少ないと貧血です。

続きを読む

推算糸球体ろ過量(すいさんしきゅうたいろかりょう)、eGFR(イージーエフアール)とは

推算糸球体ろ過量すいさんしきゅうたいろかりょう)、またはeGFRイージーエフアール)とは、血液中の物質が腎臓の糸球体でろ過される量を求める検査です。腎機能を正確に反映する検査とされています。

続きを読む

尿尿沈渣(にょうちんさ)とは

尿沈渣にょうちんさ)とは、尿中に混入している固形成分を調べ腎臓・尿路(尿管、膀胱、尿道)の病気を診断する検査項目です。

続きを読む

尿たんぱくとは

尿たんぱくにょうたんぱく)とは、腎臓の機能や尿路(尿管、膀胱、尿道)の障害を診断する検査です。腎臓の異常により尿中に漏れ出したたんぱくの量を検査します。

続きを読む

糖尿病を予防するためのセルフチェック

糖尿病を防ぐためのセルフチェックです。日本人の糖尿病患者と予備軍をあわせると全国で約2200万人いるといわれています。糖尿病は、初期にはほとんど自覚症状がなく、気づかない間に悪化させてしまっている人も多い病気です。生活習慣や自覚症状、遺伝的要因等から糖尿病の疑いがあるかチェックしてみましょう。チェック項目の多い人は糖尿病の疑いがありますので、検査や医師の診断を受けましょう。

続きを読む