タグ別アーカイブ: 採血

赤血球恒数、赤血球指数とは

赤血球恒数せっけっきゅうこうすう)、または赤血球指数せっけっきゅうしすう)とは、貧血の種類や原因、状態を診断する一般血液検査です。赤血球数、ヘモグロビン量、ヘマトクリット値の3つの数値からMCV(平均赤血球容積)MCH(平均赤血球血色素量)MCHC(平均赤血球血色素濃度)を算出します。

続きを読む

赤血球数、RBC (アールビーシー)とは

赤血球数せっけっきゅうすう)、赤血球せっけっきゅう)、またはRBC(アールビーシー、 英語: Red Blood Cell)とは、血液中の赤血球の数を測定する一般血液検査です。貧血の診断には欠かせない基本的な検査です。赤血球数が少ないと貧血です。

続きを読む

クレアチニン、Cre(シーアールイー)、Cr(シーアール)とは

クレアチニンCreシーアールイー)、または、Crシーアルー)とは、腎臓の機能の指標となる血液検査項目で、この数値が高いと腎機能の低下を示します。脱水症状でもクレアチニンの数値は上昇することがあります。

続きを読む

直接ビリルビン、D-Bil(ディービル)とは

直接ビリルビンちょくせつ・びりるびん、 英語: Direct Bilirubin)、またはD-Bilディービル)とは、閉塞性黄疸や急性肝炎などで上昇する検査項目で、黄疸の指標と原因の識別に使われる検査項目です。

続きを読む

LDH(エルディーエイチ)、乳酸脱水素酵素とは

LDHエルディーエイチ)、または乳酸脱水素酵素にゅうさんだっすいそこうそ、 英語: Lactate Dehydrogenase)とは、心筋、腎臓、骨格筋、膀胱、膵臓、肝臓など多くの臓器に分布している酵素のことで、様々な疾患で上昇する検査項目です。

続きを読む

ALT(エーエルティー)、アラニントランスアミナーゼとは

ALT(エーエルティー)とは、特に肝細胞の変性などに敏感に反応する酵素で肝臓の炎症や肝障害等の目安となります。この数値が高いと肝疾患、肝臓の病気の疑いがある可能性が高いです。アラニントランスアミナーゼAlanine aminotransferase)の略称です。

続きを読む