タグ別アーカイブ: 慢性腎炎

推算糸球体ろ過量(すいさんしきゅうたいろかりょう)、eGFR(イージーエフアール)とは

推算糸球体ろ過量すいさんしきゅうたいろかりょう)、またはeGFRイージーエフアール)とは、血液中の物質が腎臓の糸球体でろ過される量を求める検査です。腎機能を正確に反映する検査とされています。

続きを読む

クレアチニン、Cre(シーアールイー)、Cr(シーアール)とは

クレアチニンCreシーアールイー)、または、Crシーアルー)とは、腎臓の機能の指標となる血液検査項目で、この数値が高いと腎機能の低下を示します。脱水症状でもクレアチニンの数値は上昇することがあります。

続きを読む

尿素窒素、BUN(ビーユーエヌ)とは

尿素窒素にょうそちっそ)、または、BUNビーユーエヌ)とは、腎臓のろ過機能の指標です。数値が高いと腎機能の悪化を示す検査項目です。脱水症状でも数値が上昇することがあります。

続きを読む

尿比重(にょうひじゅう)とは

尿比重にょうひじゅう)とは、尿中に含まれている成分と水分の重量比を調べる検査です。腎臓や体のどこかに異常がないかを調べます。 続きを読む

尿たんぱくとは

尿たんぱくにょうたんぱく)とは、腎臓の機能や尿路(尿管、膀胱、尿道)の障害を診断する検査です。腎臓の異常により尿中に漏れ出したたんぱくの量を検査します。

続きを読む

尿糖(にょうとう)とは

尿糖にょうとう)とは、尿中に出てくる糖の量を調べる検査です。糖尿病や腎臓などの泌尿器系障害の有無を判断します。糖尿病の疑い、有無の判断には欠かせない検査項目です。

続きを読む

血圧測定、BP(ビーピー)とは

血圧測定けつあつそくてい 英語:Blood Pressure)、BPビーピー)とは、動脈の血圧を測り、生活習慣病の原因となる状態でないかを検査します。安静時の血圧を基準値とします。運動や精神的な緊張状態でも変化する数値ですので、普段から自分の血圧を把握していると心臓病や脳卒中などの予防につながります。 続きを読む