タグ別アーカイブ: 悪性貧血

白血球数、WBC (ダブルビーシー)とは

白血球数はっけっきゅうすう)、またはWBCダブルビーシー)とは、血液中の白血球の数を測定する検査です。感染症や白血病、炎症で上昇する検査項目です。

続きを読む

赤血球恒数、赤血球指数とは

赤血球恒数せっけっきゅうこうすう)、または赤血球指数せっけっきゅうしすう)とは、貧血の種類や原因、状態を診断する一般血液検査です。赤血球数、ヘモグロビン量、ヘマトクリット値の3つの数値からMCV(平均赤血球容積)MCH(平均赤血球血色素量)MCHC(平均赤血球血色素濃度)を算出します。

続きを読む

ヘマトクリット、Ht(エイチティー)、HCT(エイチシーティー)とは

ヘマトクリット(英語: Hematocrit)、Htエイチティー)またはHCTエイチシーティー)とは、血液中に含まれる血球(赤血球、白血球)の割合を測定する一般血液検査です。主に貧血の診断に役立つ検査項目です。

続きを読む

ヘモグロビン、Hb(エイチビー)、HGB(エイチジービー)とは

ヘモグロビン(英語: Hemoglobin)、Hbエイチビー)、またはHGBエイチジービー)とは、血液、赤血球の赤い色素であるヘモグロビンの血中濃度を測定する一般血液検査です。酸素運搬能力、貧血の診断に役立つ血液検査です。

続きを読む

赤血球数、RBC (アールビーシー)とは

赤血球数せっけっきゅうすう)、赤血球せっけっきゅう)、またはRBC(アールビーシー、 英語: Red Blood Cell)とは、血液中の赤血球の数を測定する一般血液検査です。貧血の診断には欠かせない基本的な検査です。赤血球数が少ないと貧血です。

続きを読む

血小板数、PLT(ピーエルティー)とは

血小板数けっしょうばん)、PLTピーエルティー)とは止血を担う血小板の量を測量する検査です。血小板が少なすぎる人は出血した際、血が止まりにくくなります。止血機能を調べる検査です。

続きを読む

LDH(エルディーエイチ)、乳酸脱水素酵素とは

LDHエルディーエイチ)、または乳酸脱水素酵素にゅうさんだっすいそこうそ、 英語: Lactate Dehydrogenase)とは、心筋、腎臓、骨格筋、膀胱、膵臓、肝臓など多くの臓器に分布している酵素のことで、様々な疾患で上昇する検査項目です。

続きを読む