カテゴリー別アーカイブ: 尿検査

尿色とは

尿色にょうしょく 英語: Urine Color)とは、尿の色から腎機能の異常を観察する尿検査です。尿の色や混濁がないかを調べます。

続きを読む

尿尿沈渣(にょうちんさ)とは

尿沈渣にょうちんさ)とは、尿中に混入している固形成分を調べ腎臓・尿路(尿管、膀胱、尿道)の病気を診断する検査項目です。

続きを読む

尿pH(にょう・ペーハー、にょうピーエイチ)とは

尿pHにょう・ペーハーにょう・ピーエイチ)とは、腎臓や肺の異常を見つけるための検査です。pH(ペーハー)は水素イオン濃度(強酸性ともいう)のことをで尿の水素イオン濃度を検査します。正常な尿は弱酸性を示します。

続きを読む

尿比重(にょうひじゅう)とは

尿比重にょうひじゅう)とは、尿中に含まれている成分と水分の重量比を調べる検査です。腎臓や体のどこかに異常がないかを調べます。 続きを読む

尿量(にょうりょう)とは

尿量にょうりょう)とは、1日の尿の量から腎臓の障害を検査します。1日(24時間)分の排尿すべてを採取し測定します。

続きを読む

尿潜血反応とは

尿潜血反応にょうせんけつはんのう)、または、尿潜血にょうせんけつ)とは、腎臓の機能や尿路(尿管、膀胱、尿道)の障害を診断する検査です。腎臓や尿路に異常があると、尿中に微量の赤血球が混じります。

続きを読む

尿たんぱくとは

尿たんぱくにょうたんぱく)とは、腎臓の機能や尿路(尿管、膀胱、尿道)の障害を診断する検査です。腎臓の異常により尿中に漏れ出したたんぱくの量を検査します。

続きを読む

尿ウロビリノーゲンとは

尿ウロビリノーゲンとは、肝臓障害や黄疸などの診断するための検査項目です。赤血球が壊れて出来たビリルビンが腸内で分解され、ウロビリノーゲンになります。その一部が尿中に出てくるものを試験紙で測定します。

続きを読む

尿糖(にょうとう)とは

尿糖にょうとう)とは、尿中に出てくる糖の量を調べる検査です。糖尿病や腎臓などの泌尿器系障害の有無を判断します。糖尿病の疑い、有無の判断には欠かせない検査項目です。

続きを読む