白血球分画、血液像とは

白血球分画はっけっきゅうぶんかく)、または血液像けつえきぞう)とは、白血球を大きく分けた好中球、好酸球、好塩基球、単球、リンパ球の5種類を詳しく調べる検査項目です。白血球に異常がみられた場合、これらの量を調べて病気の診断をします。

白血球分画の異常による可能性のある病気

区分 基準値(%) 可能性のある病気
好中球 40~60 細菌感染症、炎症、白血病、貧血
好酸球 1~5 アレルギー性の病気、白血病
好塩基球 0~1 アレルギー性の病気、白血病
単球 4~10 発疹性の感染症、白血病
リンパ球 30~45 ウイルス感染症、白血病、リンパ腫

どの白血球の種類の数値が高い場合、低い場合ともに感染症や白血病などの病気の疑いがあります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください