視力検査とは

視力検査しりょくけんさ、英語: Visual Acuity Test)とは、視力を判定する検査です。近視、老視などを判定する眼科検査のなかで最も基本的な検査項目です。視力が0.6以下なら近視や乱視、老視の疑いが強いです。

視力検査は、大小の文字や輪の一部に切れ目のあるランドルト環が表記されている視力表を用いて、正解率の高さで片目ずつ検査、判定していきます。視力検査には、視力表から5m離れてみる遠見視力(えんけんしりょく)と、30cmの距離で見る近見視力(きんけんしりょく)があります。検査中には目を細めるなどせず、自然な状態での測定をするようにしましょう。

検査機関によっては簡易視力検査器を覗き込んで測定する場合もあります。眼鏡やコンタクトレンズで視力を矯正している人は、裸眼の状態の裸眼視力と眼鏡などで矯正したときの矯正視力を調べます。視力矯正に必要な眼鏡、コンタクトレンズを忘れないように持参しましょう。

視力検査の検査項目内容

区分 項目 略号 基準値 単位
視力検査 0.7以上

※基準値は、検査機関などによって異なります。あくまで健康状態を維持すうための目安と考えておきましょう。

眼鏡、コンタクトレンズでの矯正視力の場合は、1.0以上が基準値、正常です。

日常的に眼鏡、コンタクトレンズを使用していない方で、裸眼視力の測定で視力1.0の指標が見えない場合は、屈折異常か眼の疾患かを判断する為、眼鏡試験枠を使用し矯正視力を測定します。矯正には近視・遠視矯正の球面レンズと乱視矯正のための円柱レンズを組み合わせ最高視力を測定します。この最高視力が矯正視力で、使用したレンズの度数が完全矯正といいます。

視力検査の判定目安

区分 判定 判定目安
基準値 異常なし
低下 0.6以下 要治療、または要精密検査

視力検査の異常による可能性のある病気

検査結果 可能性のある病気
視力検査が低値 屈折異常(近視、遠視、乱視)
老視、白内障、緑内障、角膜疾患、網膜疾患

視力検査の結果が0.6以下である場合は、近視、乱視や老化による視力の低下で起こる老視の可能性が高いです。場合によっては角膜や網膜の病気、白内障などでも視力の低下は起こるので異常を感じたら医師の診断を受けましょう。

運転免許の取得には日常生活に支障をきたさない視力0.7以上が必要です。眼鏡、コンタクトレンズで視力強制をしている人は両眼で矯正視力0.7以上が必要になります。

視力検査と関連のある検査項目

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください