胸部X線検査とは

胸部X線検査きょうぶえっくすせんけんさ、 英語: Chest X-ray Examination)とは、胸部をX線で撮影し、撮影した画像の陰影で肺や気管など呼吸器系の位置や形状を診断するスクリーニング検査です。

胸部の背中側からX線を照射し撮影します。健康な肺は黒く写りますが、異常や病気の箇所があると白く影ができます。

胸部X線検査の検査項目内容

区分 項目 略号
基本検査、呼吸器 胸部X線検査

※基準値は、検査機関などによって異なります。あくまで健康状態を維持すうための目安と考えておきましょう。

胸部X線検査でのX線撮影は通常、撮影機の前に立ち、場合によっては撮影機を抱え込むような形で正面から撮影を行います。ただし、撮影で見えにくい部位がある場合には側面や斜めからX線撮影することもあります。

X 線撮影は、検査技師の指示に従い大きく息を吸い込んだ状態で撮影します。検査技師の指示があるまで息を吐き出したり、動かないようにしましょう。また、胸 部X線撮影では、首や胸周りにつけている金属類やシャツのボタンなどX線を通しにくいものは異物として白く画像に投影されてしまうので、X線撮影前には身 につけているアクセサリー、ベルトなどは取り外しておきましょう。

胸部X線検査の異常による可能性のある病気

検査結果 可能性のある病気
胸部X線検査に異常がある 肺炎、肺結核、肺がん、COPD(慢性気管支炎、肺気腫)、肺繊維症、自然気胸、胸膜炎、気管支拡張症、心肥大

X線撮影検査から肺炎、肺結核、肺がんなどの肺の病気を発見できます。胸部X線検査では、肺、気管支などの呼吸器のほか、気管や食堂が通る部位の縦隔(じゅうかく)や肺を覆っている胸膜、心臓、骨などの形や大きさを見ることができます。胸部X線検査で病気を疑われたらさらに詳しい検査として、血液検査、喀痰(かくたん)細胞診、肺機能検査、CT検査などの精密検査を行います。

X線検査は身体に負担が少ない検査ですが、あまり頻繁に受けたり、妊娠中や妊娠の可能性があるときには身体や胎児に影響がでる可能性があります。X線撮影前に申し出るようにしましょう。また、X線撮影で写っていても判読しにくい場合など見落とされることもあります。胸部の痛みや呼吸の異常などきになる症状があるときは問診で伝えておきましょう。

胸部X線検査と関連する検査項目

  • CT検査
  • MRI検査
  • 気管支鏡検査

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください