尿pH(にょう・ペーハー、にょうピーエイチ)とは

尿pHにょう・ペーハーにょう・ピーエイチ)とは、腎臓や肺の異常を見つけるための検査です。pH(ペーハー)は水素イオン濃度(強酸性ともいう)のことをで尿の水素イオン濃度を検査します。正常な尿は弱酸性を示します。

尿のpH(水素イオン濃度)は、体内のpHの変化を反映しているため、このpHの数値は腎機能や肺の呼吸機能の異常を推定するための目安となります。

尿pHの検査項目内容

区分 項目 略号 基準値 単位
腎臓、肺 尿pH 5.5~7.5 pH

※基準値は、検査機関などによって異なります。あくまで健康状態を維持すうための目安と考えておきましょう。

尿pHの判定目安

区分 判定 判定目安
上昇 7.6以上 要再検査、または要精密検査
基準値 異常なし
低下 5.5未満 要再検査、または要精密検査

尿pHの異常による可能性のある病気

検査結果 可能性のある病気
尿pHが高い(アルカリ尿) 呼吸性・代謝性アルカローシス、尿路感染症、アルカリ性の薬剤
尿pHが低い(酸性尿) 呼吸性・代謝性アシドーシス、発熱、酸性の薬剤

尿pHの異常は検査した際に服用して言える薬剤のpHによっても数値が変化します。

コメントを残す