上部消化管X線検査とは

上部消化管X線検査じょうぶしょうかかんエックスせんけんさ)とは、上部消化管(食道、胃、十二指腸)に異常がないかを調べる検査項目です。主に胃がんの早期発見を目的として行われます。検査前日の夜から飲食は禁止となり、検査当日は造影剤のバリウム液を飲んでX線撮影を行います。X線撮影から消化管の形状や変化、異常を診断します。

X線検査で撮影した写真からは、食道、胃、十二指腸に炎症や潰瘍、ポリープ、がんなどの異常がないかわかります。異常が見つかった場合は、上部消化管内視鏡検査などの精密検査を行います。上部消化管内視鏡検査では、口また鼻の穴から小型カメラに付いた細い管を挿入し、食道、胃、十二指腸と消化管を伝って観察、診断します。

上部消化管X線検査の検査項目内容

区分 項目 略号
胃、腸 上部消化管X線検査  -

※基準値は、検査機関などによって異なります。あくまで健康状態を維持すうための目安と考えておきましょう。

上部消化管X線検査の異常による可能性のある病気

検査結果 可能性のある病気
上部消化管X線検査で異常 食道炎、食道潰瘍、食道がん、胃炎、胃潰瘍、胃ポリープ、胃がん、十二指腸潰瘍

胃のX線検査や、大腸の便潜血反応検査などで異常があれば精密検査を行います。内視鏡検査では病変部の組織を採取し検査を行い、病変部が悪性か良性か判定することもあります。また、状況によっては、肛門から内視鏡を挿入する下部消化管内視鏡検査や肛門からバリウムを注入し撮影する下部消化管X線検査などを行い、直腸、結腸の観察を行います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください