腹部超音波検査(ふくぶちょうおんぱけんさ)、腹部エコー検査(ふくぶえこーけんさ)とは

腹部超音波検査ふくぶちょうおんぱけんさ)、または、腹部エコー検査ふくぶえこーけんさ)とは、超音波を使い腹部に存在する臓器(肝臓、膵臓、胆道など)に異常がないか調べる検査です。超音波を発生するプローブという機器を腹部に押し当て、動かしながら臓器の状態を検査機器の画面に映し出し、そこから観察、診断します。

腹部超音波検査では、検査前夜から飲食は禁止となります。ほとんどの場合が、早朝に検査を行います。便秘気味の人や、腸にガスがたまっている場合は画像が不鮮明になるので事前に申し出て下剤や消泡剤などの使用を検討します。ただし、前立腺や膀胱の検査では、尿がたまった状態の方が観察しやすいので検査前の排尿を控えます。

超音波検査で異常が見つかるとその部分は画像上で白色で表示されます。肺や腸にたまっているガスなども白く表示されるので肺の影に隠れている臓器などは様々な角度から超音波を当て検査します。健康な臓器であればたいていの場合、臓器の形状で黒く表示されます。軽度の脂肪肝の場合などは、黒より少し灰色っぽい色で表示されます。

腹部超音波検査の異常による発見できる病気

検査結果 発見できる病気
異常がある 肝硬変、肝血管腫、胆石、胆嚢炎(たんのうえん)、胆嚢がん、膵がん、脂肪肝、尿路結石、尿路感染症、腎嚢胞、腎がん、前立腺肥大、前立腺がん、膀胱がん

腹部超音波検査では、肝臓、膵臓、胆道、腎臓、などのほかにも、男性であれば前立腺、女性であれば子宮、卵巣などの状態も観察できます。これらの臓器に異常が見つかった場合は、より詳細な検査の出来るX線造影やCT、MRIなどの画像検査によって病気の診断を行います。

コメントを残す