リパーゼ / Lip(エルアイピー)とは

リパーゼ / Lipエルアイピー)とは、膵臓に異常がないかを調べる検査項目です。膵臓から分泌される消化酵素で脂肪の分解します。膵臓が炎症を起こしたり、膵管が詰まるなど異常があれば血液中の濃度が上昇します。

リパーゼの数値上昇のほとんどは、リパーゼを分泌する膵臓の異常によるものがほとんどです。リパーゼの検査と共に尿アミラーゼの量を測定し、診断に役立てることも

リパーゼの検査項目内容

区分 項目 略号 基準値 単位
膵臓 リパーゼ Lip 11~53 IU/l

※基準値は、検査機関などによって異なります。あくまで健康状態を維持すうための目安と考えておきましょう。

リパーゼの数値判定目安

区分 数値 判定目安
上昇 54以上 要再検査
基準値 異常なし
低下 10以下 要再検査

リパーゼの異常による可能性のある病気

検査結果 可能性のある病気
リパーゼが高い 急性膵炎、慢性膵炎、膵がん、胆管結石、胆管がん、腹膜炎、腸閉塞、腎不全
リパーゼが低い 末期の慢性膵炎、膵がん、糖尿病、膵切除術後

 

コメントを残す