糖尿病を予防するためのセルフチェック

糖尿病を防ぐためのセルフチェックです。日本人の糖尿病患者と予備軍をあわせると全国で約2200万人いるといわれています。糖尿病は、初期にはほとんど自覚症状がなく、気づかない間に悪化させてしまっている人も多い病気です。生活習慣や自覚症状、遺伝的要因等から糖尿病の疑いがあるかチェックしてみましょう。チェック項目の多い人は糖尿病の疑いがありますので、検査や医師の診断を受けましょう。

糖尿病を予防するためのセルフチェック

生活習慣編

  • 脂っこいものや甘いものが好き
  • いつも食べ過ぎている
  • お酒をたくさん飲む
  • 野菜や海藻類はあまり食べない
  • 運動不足で肥満気味である
  • いつも間食をする
  • ストレスを感じることが多い

年齢、遺伝的要因

  • 家族や親戚に糖尿病の人がいる
  • 40歳以上である

自覚症状

  • のどがよく乾く
  • トイレの回数が増え、おしっこ(尿量)も多い
  • 手足がしびれたり、火傷やケガの痛みに気づかないことがある

糖代謝の異常からくる病気、合併症

糖尿病は自覚症状があまりないままに、全身の血管や神経に悪く作用し命に関わる病気、合併症をも引き起こします。血液中のブドウ糖(血糖)が高い状態が続くと、糖尿病をはじめとし、糖尿病網膜症、動脈硬化性疾患、糖尿病性腎症、糖尿病神経障害など毛細血管や神経などの細胞を破壊していきます。その結果、失明や脳障害、さらには狭心症、心筋梗塞、脳梗塞など重大な病気への引き金ともなります。セルフチェックでチェック項目の多い人は検査や医師の診断を受けましょう。


 参考文献

船津和夫 監修 『ホーム・メディカル安心ガイドWIDE版 ひと目でわかる! 健康診断 検査項目と結果の見方 万全ブック』 小学館、2010年1月23日 初版第1刷発行、p40-41

ひと目でわかる!健康診断 | 家庭医学 | 実用・教育 | 書籍 | 小学館

コメントを残す