BMI(ビーエムアイ)とは

BMI(ビーエムアイ)とは、ボディマス指数体格指数たいかくしすう)とも言われBody Mass Indexの頭文字をとったヒトの肥満度を表す指数です。BMI = 体重(kg) / {(身長(m)) × (身長(m))} で算出します。

BMIは身長と体重の関係から肥満ややせ型を判断します。例: 日本人の平均男性の場合 身長:170cm(1.7m) 体重:65 kg

計算式: 65 kg  / (1.7 m  × 1.7 m )  BMI ≒ 22.49

BMIの検査項目内容

区分 項目 略号 基準値 単位
BMI BMI 18.5~24

※基準値は、検査機関などによって異なります。あくまで健康状態を維持すうための目安と考えておきましょう。

BMIの判定目安

区分 判定 判定目安
肥満4度 40以上
肥満3度 35~39
肥満2度 30~34
肥満1度 25~29
基準値 異常なし
やせ 18.5未満

BMIの基準値は「22」を中心にプラスマイナス3前後で、25以上は肥満です。

BMIの異常による可能性のある病気

検査結果 可能性のある病気
BMIが高い 肥満症、糖尿病、高脂血症、心臓病
BMIが低い やせ症、甲状腺機能亢進症、慢性胃炎、肝疾患

肥満は生活習慣病の温床とも呼ばれており、このBMIの指数は「病気へのなりにくさ」を統計的に分析して作成されています。BMI 22がもっとも病気になりにくい数値といわれ、BMIが25以上になると病気になりやすい傾向になるので食べ過ぎや運動不足に注意が必要です。加齢によっても身長、体重が大きく変化するので定期的に数値を計算すると良いでしょう。

BMIと関連のある検査項目

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください