内臓脂肪(ないぞうしぼう)とは

内臓脂肪(ないぞうしぼう)とは、

内臓脂肪が蓄積されると命に関わる重大な病気の危険性が高まります。近年では、生活習慣病の原因とも言われており、血圧や血糖値、血中脂肪の数値を上昇させる根底の原因とも考えられています。軽度の異常であっても心筋梗塞や脳梗塞などになるリスクは高いです。

内臓脂肪の量を正確に知りたい場合はCTスキャンなどでの測定しましょう。費用はかかりますが、自身のカラダの状態がしっかりと把握できます。

自宅で簡単に目安を知りたい方は 、ウエストサイズ、お腹回りの状態をチェックしてみてください。内臓脂肪が溜まり始めるとウエストサイズが太くなる傾向があるため、男性ならウエスト85cm以上、女性ならウエスト90cm以上が内臓脂肪がたまっている可能性のある目安の数値です。

また、リンゴ型のように太っている方やも要注意です。皮下脂肪の蓄積による肥満、体型が洋なし型になるものと異なり一見太っていないように見えるカッコ悪い「隠れ肥満」の場合もあります。

内臓脂肪

中性脂肪 150mg/dl以上 (または)
HDLコレステロール 40mg/dl未満

最高血圧 130mmHg以上(または)
最低血圧が85mmHg以上

空腹時の血糖値 110mg/dl以上

血圧、血糖値、中性脂肪の数値が上昇し始めてきた状態、メタボリックシンドロームにならないよう注意しましょう。心筋梗塞、脳梗塞など突然死を招かないためにも内臓脂肪を減らしメタボリックシンドロームの予防に努めましょう。

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べ比較的生活習慣の改善で落とせる脂肪です。暴飲暴食などは控え、自分に必要なエネルギー量をバランスのとれた食事でとるようにしましょう。取りすぎたエネルギーは運動などで消費すると良いです。禁煙もメタボリックシンドローム予防には重要です。有害物質を含むタバコはその他の病気の原因となる可能性も秘めています。

1年に1度はメタボリックシンドローム健診をしましょう

厚生労働省は、平成20年4月より、40歳以上の被保険者、被扶養者に対してメタボリックシンドロームに着目した生活習慣病予防のための健康診断と、メタボリックシンドロームと判定された人を対象に保険指導の実施を勤務先に義務付けています。

コメントを残す